• ホーム
  • AGAの治療薬として使われる「フィンカー」と「プロペシア」の違いは配合量

AGAの治療薬として使われる「フィンカー」と「プロペシア」の違いは配合量

はげる男性

プロペシアはフィナステリドが1㎎配合されている錠剤ですが、フィンカーはこの成分が5㎎も配合されており、同じ成分でも含有量に5倍の差があります。効果が量の違いもあり強さや頻度なども違い、副作用の勃起不全や性欲減退・精子減少など生殖系があり、次にかゆみは発赤・顔や唇がむくむなどのアレルギー反応・乳房肥大や睾丸痛が出てきます。プロペシアとフィンカーの違いは同じフィナステリド製剤ですが、プロペシアが男性型脱毛症の治療薬で、フィンカーは前立腺疾患のための治療薬になります。

用途が全く違うことによりフィナステリドの配合量にも違いが見られますし、プロペシアはフィナステリド0.2mgと1.0mg配合されており、フィンカーは5.0mg配合になっていることがわかります。薄毛治療に使われているフィナステリドの摂取限度量は1日1.0mgになっており、同様の成分の薬剤で厚生労働省の承認を受けて国内にて正規ルートで購入できるのはプロペシアです。

慢性の前立性疾患には効果が得られないですし、投与中も前立腺癌が進行していくこともあり副作用も強めに出ることが心配なので、最近は他の治療薬が用いられるようになっています。前立腺疾患治療の薬剤ではフィナステリドが5.0mgで、薄毛治療には1.0mgとなっている理由はこれらの原因となっているジヒドロテストステロンの働きが関係しており、本来は男性の生殖器官が発達する場合や機能維持のために存在します。

加齢などが原因で肥大が始まっている前立腺にとっては、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは過剰な刺激になりさらに硬化や肥大を進行させてしまいます。ジヒドロテストステロンの生成をフィナステリドの効果で抑える必要があり、それが臨床試験で副作用と効果を調べ適しているとする量が1日5.0mgになります。AGA治療をするにあたって前立腺疾患治療ほどのフィナステリドの量が必要ではなく、0.2mgと1.0mgを投与した試験で、それに対しての誤差があまりないというレベルだったからです。

フィンカーを薄毛治療薬として用いる時には、フィナステリドが1.0mgとなるように5分割にして1日1錠服用することが望ましいです。製品の一箱単位で見るとフィンカーの方が割高になりますが、これを5分割にして服用することでプロペシアとは比較できないほど1回分あたりが安価になるので長期継続するにはとても有効になります。

関連記事
遺伝だけではない!AGAになる原因として考えられることとは 2020年05月11日

AGAの原因は遺伝だけではないことが最近わかり始めましたが、薄毛に悩む男性の数は年々増加傾向にあり、その中でも最も多いのがAGAです。遺伝要因もあり性ホルモンに...

そろそろAGAクリニックに通ったほうが良い?AGAのサインに気づく方法 2020年06月11日

AGAの初期症状サインは抜け毛の量が増えることで、最近抜け毛が少し多いかなという程度に慣れて来ると、そこからハリやコシのないボリュームが低下した髪の毛も目立ち始...

AGAの治療薬を飲み忘れたときの対処法!生活サイクルに取れ入れよう 2020年05月26日

AGA治療では生活習慣の改善と共に治療薬を服用していきますが、これを飲み忘れてしまうと血液の中の成分濃度が低下し、特に有効成分であるフィナステリドは24時間で体...

前立腺肥大症の薬でもある「フィンカー」の事前に確認しておきたい副作用 2020年04月03日

フィンカーは1錠に配合されているフィナステリドが5㎎と多いので、先発薬であるフィンペシアと同じように服用すれば副作用が強く出ることがありますが、正しい用法で服用...

フィンカーには有効成分としてフィナステリドが5mg配合!その効能とは 2020年03月19日

フィンカーの有効成分はフィナステリドですが、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素を抑制することで、濃度の急激な低下を引き起こさせ服...