• ホーム
  • 遺伝だけではない!AGAになる原因として考えられることとは

遺伝だけではない!AGAになる原因として考えられることとは

髪に悩む男性

AGAの原因は遺伝だけではないことが最近わかり始めましたが、薄毛に悩む男性の数は年々増加傾向にあり、その中でも最も多いのがAGAです。遺伝要因もあり性ホルモンによる影響がかなり強いというイメージがありますが、さらに環境的な要因も関与されおり様々な研究結果から、AGAが生活習慣やストレスによって起こる可能性があることも知られ始めています。20?40歳代の人を対象にして薄毛の状態を軽症と重症に分類していき、運動やストレス・食生活などの生活習慣について調べており、血液幅やヘモグロビン推定量なども測定します。ここからわかることは重症の男性は軽症の男性に比べると、ヘモグロビン値が高いとされこの成分は血流に乗って体の隅から隅まで酸素を運ぶ働きがあり、この数値が低下すれば体内のあらゆる箇所で酸素不足が生じるので、動機や息切れ・血色不良や倦怠感・めまいや立ちくらみなどの症状が出てきます。

その判定にヘモグロビン値が高すぎる時は、赤血球が増えすぎているのでめまいやのぼせ・高血圧や頭痛などの原因になり、この数値は一般的に脱水症状や酸素不足が原因で高くなることも知られています。酸素が不足した状態が続けば体自体がヘモグロビンを増加させていくので、その結果濃度が高くなり数値が高い場合は、血流が不足しますし脱毛への影響が高くなります。また栄養バランスが崩れていたりストレス・喫煙なども影響するため、リフレッシュをしてストレスを溜めないような健康的な生活習慣がAGAを予防する上で大切です。AGAが生活習慣・ストレスにも起因している可能性がある中、ヘモグロビンの量や静脈酸素化指標の測定は、脱毛症を改善したりそれらの早期発見に寄与できる可能性もあります。

また過度な頭皮マッサージやシャンプー・整髪剤の使いすぎなども薄毛の原因になっており、最近は男性でも美容に関してのケアをする人が多くなっていますが、正しい知識を持って正しいケアを行うことが大切です。整髪剤やシャンプーは適量を守りつけすぎには注意しますが、つけた整髪料はその日に綺麗に洗い流すことが鉄則で、頭皮に残ったまま何日も過ごすとそれが原因で薄毛につながります。薄毛に効くからといって毛根に刺激を与えるということで頭皮マッサージをする人もいますが、ここでは指圧に問題があります。強く頭皮を押さえることで毛根がダメージを受ける可能性があるので、必ず指の腹で適度な指圧を用いてマッサージをすることが大切です。

関連記事
そろそろAGAクリニックに通ったほうが良い?AGAのサインに気づく方法 2020年06月11日

AGAの初期症状サインは抜け毛の量が増えることで、最近抜け毛が少し多いかなという程度に慣れて来ると、そこからハリやコシのないボリュームが低下した髪の毛も目立ち始...

AGAの治療薬を飲み忘れたときの対処法!生活サイクルに取れ入れよう 2020年05月26日

AGA治療では生活習慣の改善と共に治療薬を服用していきますが、これを飲み忘れてしまうと血液の中の成分濃度が低下し、特に有効成分であるフィナステリドは24時間で体...

AGAの治療薬として使われる「フィンカー」と「プロペシア」の違いは配合量 2020年04月21日

プロペシアはフィナステリドが1㎎配合されている錠剤ですが、フィンカーはこの成分が5㎎も配合されており、同じ成分でも含有量に5倍の差があります。効果が量の違いもあ...

前立腺肥大症の薬でもある「フィンカー」の事前に確認しておきたい副作用 2020年04月03日

フィンカーは1錠に配合されているフィナステリドが5㎎と多いので、先発薬であるフィンペシアと同じように服用すれば副作用が強く出ることがありますが、正しい用法で服用...

フィンカーには有効成分としてフィナステリドが5mg配合!その効能とは 2020年03月19日

フィンカーの有効成分はフィナステリドですが、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素を抑制することで、濃度の急激な低下を引き起こさせ服...